消費者金融などから行った借金は債務整理ができます

img-1

借り入れをする方法として多く用いられているものに、消費者金融やクレジットカード会社が行っているキャッシングがあります。



消費者金融はクレジットカード会社から融資を受けている人の場合には、現在借り入れを続けている人も過去にサービスを利用していて返済を行っていた人にとっても、利息制限法で決められている上限金利を超える金利による支払いをしている可能性があります。



法律の改正が行われる前には利息制限法の他に出資法による金利の規定もあって、融資のサービスを行う際に大手の金融業者であっても、利息制限法で定められている上限金利ではなく、出資法で規定されている金利を利用して貸し付けを行ってきた例が数多くあります。



2つの法律が存在したために生じた金利差のことを、グレーゾーン金利という呼び方がされており、グレーゾーン金利による借り入れを行ってきた人にとっては、発生している過払い金を取り戻すことができます。

消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングを使って借金をしている人は、債務整理の中でも任意整理の手続きを行うことができます。



任意整理は裁判所を経由せずに行えるために、弁護士などの専門家に手続きの依頼をすれば、債務者にとって負担を少なくして行える債務整理の方法となります。



任意整理の手続きを弁護士に依頼すれば、貸金業者などに受任通知を発送してもらえるので貸金業者からの請求に苦しめられることが無くなるメリットもあります。任意整理であれば債務整理として良く知られている自己破産の時とは違って、財産の処分をしなくても行える手続きになるので、近年では行う人が増えている債務整理の手続きとなります。



関連リンク

img-2
消費者金融などから行った借金は債務整理ができます

借り入れをする方法として多く用いられているものに、消費者金融やクレジットカード会社が行っているキャッシングがあります。消費者金融はクレジットカード会社から融資を受けている人の場合には、現在借り入れを続けている人も過去にサービスを利用していて返済を行っていた人にとっても、利息制限法で決められている上限金利を超える金利による支払いをしている可能性があります。...

more
img-2
債務整理の任意整理を弁護士に依頼した時にかかる費用

借金の借入先として多い金融業者は、消費者金融業者となります。消費者金融ではキャッシングなどのサービスを行っていて、来店不要で借り入れができるものや、インターネットを使うことで24時間いつでも借り入れができるなどのサービスが行われています。...

more
top