ネズミ駆除をするなら屋根裏もしっかりと対策

ネズミ駆除をする場合には、ネズミが潜んでいる場所や通り道を中心に対策をすることが大切です。屋根裏をチェックして駆除用のグッズなどを仕掛けておくことで対策につながります。



夜中などは活動が活発になるため、屋根裏を走り回ることもあり、罠や殺鼠剤などいくつかのグッズを使用して対策をしておきましょう。

ネズミによる被害が食い止められない場合には、定期的に周回してくるケースや住みかを作ってしまっている場合があります。

屋根裏などはネズミが住みかを作りやすい場所であるため、長期的に被害が出るような場合には、重点的に屋根裏対策をしておくことが大切です。
住宅内に侵入されてしまうと、さまざまな被害をもたらすため日ごろから侵入を防ぐための対策もしておきましょう。

近所でネズミを見かけるようなことが合った場合には、自宅周辺に忌避剤をまいておくというのも一つの手段です。

YOMIURI ONLINEにはこちらのサイトが最適です。

その他にも、玄関や窓を開けっぱなしにしておかないことや外壁など家自体の経年劣化している部分がないかチェックしておき、亀裂や壁が剥がれ落ちているところがある場合には、しっかりと修理しておくことも重要なポイントといえます。



ちょっとした隙間やもろくなっている部分などを利用して侵入してくる可能性もあるため、定期的に外壁や屋根周辺、雨どいなど壊れかかっている部分や風雨によるダメージがないかをチェックしておくこと、傷んでいる部分があったら早めに修理をしておくことで侵入を防ぐことになります。駆除をするだけでなく日ごろからの予防も心がけることが大切です。