ネズミの駆除に超音波を利用する

最近ではネズミを駆除するために超音波を発生させる装置が市販されています。


ネズミは超音波を嫌がるため、屋根裏などから追い出すことができます。



また一定期間であれば侵入を防ぐ効果も期待できます。

長期間使用を続けた場合にはネズミが超音波に慣れて効果が弱まることがあるので注意が必要です。


駆除作業の初期段階で追い出しを行うために利用するのが効果的な使い方になります。
一定数の個体を追い出したら、侵入経路を封鎖して捕獲作業を行うことが必要です。特に侵入経路の封鎖作業は重要となります。
駆除作業において最も重要なことは、再び侵入されないようにすることです。

T-SITEの口コミ情報をまとめました。

古い住宅などでは侵入経路が複数存在する場合があります。

また屋根裏など作業がしづらく体力や時間に余裕がない場合も存在します。

そのような場合には専門業者に依頼した方が効率的です。

本格的な作業を行うには一定の知識と経験が必要になります。


個人で行う場合には、時間的な余裕を持って長期的に作業を行うことが求められます。
特に捕獲作業後も一定数の個体が残っていることが多く、毒エサを設置して数か月にわたって駆除を行います。

捕獲作業は粘着シートや罠を仕掛ける方法で実施します。

粘着シートも罠も一般的なホームセンターや通販サイトなどで購入できます。ネズミには決まった通り道があるので、粘着シートは通り道に正確に設置する必要があります。

また粘着シートやカゴ式の罠を使用した場合には個体を生け捕りにできます。



捕らえた個体を外に逃がす方法もありますが、再び侵入されないように経路の封鎖はしっかり行っておくことが重要です。